トップページ > 助成制度 > 令和2年度新ビジネスチャレンジ 助成金

★ 令和2年度新ビジネスチャレンジ支援 -新型コロナウイルス対応事業-

1.事業内容

台東区内の中小企業が、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、新たなビジネスへのチャレンジに要した経費の一部を助成します。
※申請受付期間は2月8日(月)~3月8日(月)となります。

詳細は「募集要項」をご確認ください
→よくあるご質問はコチラをご覧下さい

→チラシ版はコチラからご覧ください

2.対象者

下記①~③を満たす台東区内の中小企業が対象です。
①区内に本店(法人)、事業所(個人事業主)がある
②区内に営業の本拠を有する
③新型コロナウイルス感染症により売上高が減少している

<その他要件>
※みなし大企業、農林・漁業、風俗関連業、金融業等の業種や、宗教法人、社団・財団法人(一般・公益)、NPO法人等は対象となりません。
※なお、令和2年度に台東区産業振興事業団が実施した以下の助成事業の採択事業者は申請できません。
  ・新製品新技術開発支援
  ・新販路開拓支援
  ・アトリエ・店舗出店支援
※国・都・事業団等が実施する同種の助成事業と重複して助成を受けることはできません

3.対象となる事業

「自社にとって新たな取組み」かつ、下記の(ア)~(ウ)のいずれかを満たす事業が対象です。

(ア)新しい生活様式(※)に向けた事業
(イ)事業転換及び多角化等による事業
(ウ)その他新型コロナウイルス感染症に対応する事業

※「新しい生活様式」とは、新型コロナウイルス感染症専門家会議で提言された、感染拡大を予防するための生活様式を指します。

対象となる主な事業の例
(ア)新しい生活様式に向けた事業
 ① 感染症対策に必要な店舗工事(換気設備・自動ドア・自動水栓)
 ② テイクアウト・デリバリー・キッチンカー事業の展開
③ 対人サービスのオンライン化(小売業の独自ECサイトやホームページ改修による販路拡大、セルフレジ・セルフオーダーシステム等非接触ツールの導入)

(イ)事業転換及び多角化等による事業
 ④ 新規開発した製品等の販促活動(展示会の出展、市場調査委託)
 ⑤ 店舗を改装して一部を別事業で利用(雑貨店がカフェを併設)

(ウ)その他新型コロナウイルス感染症に対応する事業
⑥ 新型コロナウイルス感染症の感染リスク軽減のために取り組む社内システムのICT化(テレワーク環境・WEB会議の整備)

4.申請の種類(A型・B型)について

本助成制度には、助成限度額が20万円の「A型」と、100万円の「B型」の2 種類があります。

A型とB型で違う点は以下のとおりです。こちらに記載していない項目(対象経費、対象となる事業等)はA型B型ともに共通しています。
主な違い


(※)A型は、助成対象経費が30万円以下の場合のみ、申請可能です。

A型の例:30万円以下で行うECサイトの構築
B型の例:30万円を超える移動販売の開始や内装工事

5.助成率 助成限度額 助成対象期間等

助成率   :助成対象経費の3分の2以内

助成限度額 :A型  20万円 ※助成対象経費が30万円以下の場合のみ、申請可能です。
       B型 100万円

助成対象期間令和3年1月8日(金)から3月31日(水)までに支払いが完了しているものとなります。
       ※事業開始(契約・発注等)が令和2年4月1日以降のものとなります。
留意点
・助成を受けるためには、審査会A型:書類)(B型:書類・面接)で採択される必要があります。

6.助成金申請から交付までの流れ(A型)

7.助成金申請から交付までの流れ(B型)

8.提出書類

提出書類一覧

必須提出書類(上表 1~6(6は店舗の改装等を行う事業者のみ))の提出が無い場合は、失格となりますので、ご注意ください。
※用紙サイズはA4で統一し、折らずに左上1か所でクリップ止め(ホチキス止めは不可)してください。
※マイナンバー(12桁の個人番号)の提供は不要のため、提出書類に記載されている場合は、番号が見えないよう黒塗りしてください。
所定申請用紙
  1. 申請書(ワード形式)
    申請書(記入例)(PDF形式)

  2. 事業計画書A型(ワード形式)
    事業計画書A型(記入例)(PDF形式)

    事業計画書B型(ワード形式)
    事業計画書B型(記入例)(PDF形式)

  3. 事業資金計画書(エクセル形式)
    事業資金計画書(記入例)(PDF形式)

  4. 申請前確認リスト(エクセル形式)
    申請前確認リスト(記入例)(PDF形式)
 ※創業して1年未満の場合
   ・開業時資金計画書(エクセル形式)
   ・開業時資金計画書(記入例)(PDF形式)


 ※申請用チェックリスト(角2封筒に貼る)
   ・A型申請用 チェックリスト
   ・B型申請用 チェックリスト

9.申請書類の提出方法

(1)A型B型 共通事項
・新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、申請は郵送で受付しております。(令和3年3月8日(月) 17:00 必着)
・提出書類は折らずに角2封筒に入れてください。
・郵送事故についての責任は負いかねます。
・受領した書類は随時審査を行うため、資料の追加提出および差し替えはできません。
・必須提出書類(1~6(6は店舗の改装等を行う事業者のみ))の提出が無い場合は、失格となりますので、ご注意ください。
・提出書類の返却は行いません。予めご了承下さい。
・申請書類や、【申請用 チェックリスト】は、提出時には必ず控えをとり、保管してください。
(2)A型を申請する方
・こちらのA型申請用 チェックリスト」を、中身を確認した上で、角2封筒に貼って送付してください。
(3)B型を申請する方
・こちらのB型申請用 チェックリスト」を、中身を確認した上で、角2封筒に貼って送付してください。

10.採択審査

(1)採択審査方法
助成金の採択審査は、下記「(2)審査項目」に基づき、有識者等により構成される審査会において書類審査A型B型)および面接審査B型のみ)を行います。提出書類はすべて審査資料となります。
(2)審査項目
1.計画書 
  申請者が新たに行う事業について、的確に記載ができているか

2.事業の新規性
  申請者にとって新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた新たな取り組みであるか

3.新型コロナウイルス感染症に対する取り組み
  申請事業が新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた相応しい取り組みであるか

4.申請事業の実現性・信用性 
  経営計画・経営の見通しが具体的で、実現可能性が高いものとなっているか

5.積算の透明・適切性  
  事業費の計上・積算が正確・明確で、事業実施に必要なものとなっているか

6.事業の継続性
  申請者に、事業を遂行できるだけの財務基盤があるか

7.事業の優位性  
  申請事業の内容は、同業他社の取り組みに比較して、優れたものであるか

8.事業の地域・社会貢献性
  ・雇用の創出や、区内の取引促進など、地域産業の発展に寄与するものであるか
  ・環境負荷の低減、防災力の向上等、社会的課題の解決に寄与するものであるか
(3)結果の通知
・申請事業者全員に対し、採択または不採択の結果を通知します。
・採択案件について、助成対象事業者名・代表者名・事業概要を公表する場合があります。
・採択審査結果の内容についてのお問合せにはお答えできません。
(4)その他
・同一事業者が、同一または類似の内容で他の助成金等で採択された場合には、本助成事業の採択はできません。
・採択された場合でも、予算の都合等により減額される場合があります。

11.助成対象経費

助成対象になる経費は次に掲げる経費です。
※全て申請事業(新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえて取組む事業)に必要であることを明らかにできることが要件です。

対象経費一覧
①設備工事費 ②広報費 ③展示会等出展費 ④旅費 ⑤専門家謝金 ⑥委託費・外注費
⑦サービス利用手数料 ⑧車両費 ⑨備品費 ⑩消耗品費(助成限度額10万円)

各項目の細かい説明や「12.助成対象外経費」については、「募集要項」をご確認ください。

▼ 事業の詳細について

・詳細は「募集要項」をご確認ください。
・よくあるご質問はコチラをご覧下さい

▼ お問合せについて

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、お問合せは電話で受付しております。