トップページ > 助成制度 > 新販路開拓支援 助成金

2.新販路開拓支援 助成金

▼ 事業内容

創業から1年以上の台東区内の中小企業が、自社製品や自社取り扱い製品の新たな市場を開拓する場合や、新たな販売の手段の構築をする場合に経費の一部を助成します。

→チラシ版はコチラからご覧ください

▼ 申請期間

今年度は募集終了しました。

▼ 助成内容


対象となる場合・経費
自社にとって新しい販売市場・顧客の開拓となっている場合等
  【例】今まで国内にのみ販売をしていたが、海外バイヤー向けにも営業を始める

今までの販売方法と比較して、十分な新規性がある場合等
  【例】メンズ用品を専門に取り扱っていたが、レディース用品も展開する

2020年4月1日~2021年3月31日までに支出するもの
対象とならない経費
×消費税
審査のポイント
事業の新規性  取扱い商品やサービスの優位性、市場ニーズ
事業の継続性  ◆地域への貢献

▼ 事業の流れ


申請受付前に、職員による申請要件の確認と、商工相談員との申請内容についての面談を受けていただくことが必要です。申請書を作成する前に、下記お問い合わせ先にお早めにご相談ください。
・すべての必要書類の提出をもって、申請受付となります。
・申請書類は、必ず事前に電話で予約のうえ、説明のできる方がご持参下さい。(郵送での受付は行っていません)
◆新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間、郵送での申請を受け付けておりますが、申請内容等の確認が必要なため、必ず事前に電話にてお問合せ下さい 。
助成を受けるためには、審査で助成対象として採択される必要があります。

▼ 申請時 提出書類


注:ご提出いただいた書類は、お返しいたしませんので、ご了承下さい。

所定申請用紙
  1. 申請書(ワード形式)
    申請書(記入例)(PDF形式)
  2. 事業計画書(ワード形式)
    事業計画書(記入例)(PDF形式)
  3. 事業資金計画書(エクセル形式)
    事業資金計画書(記入例)(PDF形式)
  4. 申請前確認リスト(エクセル形式)
    申請前確認リスト(記入例)(PDF形式)

▼ 留意点

<対象となる企業>
下記①②を満たす台東区内の中小企業が対象です。
①区内に本店所在地(法人)、事業所(個人事業者)がある
②区内に営業の本拠を有する中小企業
また、農林・漁業、風俗関連業、金融業等の業種や、宗教法人、一般社団法人、NPO等は対象となりません。

 <その他>
 ・国や都など、他機関が実施している同種の助成事業と重複して申請することはできません。
 ・①新製品新技術開発支援、③アトリエ・店舗出店支援と重複して申請することはできません。

<助成対象決定後について>
・企業情報サイト「たいとう企業ナビ」への登録をしていただきます。
・区広報、事業団ホームページ等で企業名・所在地・事業内容等を公開します。
・翌年度から3年間(年1回)事業の遂行状況報告書を提出していただきます。